自己紹介

はじめまして、最近まで探偵事務所で働いていた優子です。

 

10年ほど相模原市の探偵事務所で働いていました。

 

その10年間でいろんな不倫や浮気を見てきました。

 

浮気は、何にも良いことがなく、悲しみと後悔ばかり残ります。

 

もし浮気だと思ったら、早急に手を打つようにしましょう。

 

浮気の慰謝料と相場

夫や妻に浮気され慰謝料を請求するなら、気になるのは金額です。

 

相場を知りたくても周囲に相談できる内容ではないので、適正な価格がわからない場合が多いでしょう。

 

一般的に夫や妻に浮気をされたときの慰謝料は、150万円から300万円です。

 

しかし明確な基準は設けられておらず幅があり、状況によって大きく変わると言えるでしょう。

 

夫や妻に浮気されても離婚せず婚姻関係を続ける場合は、50万円から100万円が慰謝料の相場です。

 

婚姻関係を続けるものの別居する場合には100万円から200万円、離婚する場合は200万円から300万円が慰謝料の相場とされています。

 

慰謝料

 

この相場は裁判所に訴えた場合の基準で、話し合いで解決する場合はこの限りではありません。

 

話し合いを行う場合は早期の解決や精神的な損害を考慮するケースが多く、そのときはこれらの相場より慰謝料は高くなる傾向にあります。

 

また浮気をした後の関係だけでなく、慰謝料の相場は婚姻関係の長さや経済的な事情によっても大きく変わります。

 

このように浮気をされた場合の慰謝料は様々な要因に追って決められるので、明確な相場はありません。

 

夫や妻に浮気され損害賠償を求める際には、専門家を交えて話し合うのがおすすめです。

 

浮気した相手に内容証明を送る

 

夫もしくは妻が浮気をしている場合、解決方法の1つとしてあるのが浮気相手に対して内容証明を送るという術であり、内容証明を送ると記されている文面を郵便局に証明して頂けるという利点があります。

 

他にも配偶者に対して慰謝料請求を行ったり離婚を求めたという証拠が物理的に残せるという特徴も挙げられ、離婚裁判になった際に浮気をやめさせるべく尽力したという事実や浮気自体を確かなものにする証拠にもなります。

 

そのように物理的に内容証明を手がけるという事は、浮気相手に真剣さを伝えたりプレッシャーが与えられるので、これまで浮気相手に浮気を辞めるように繰り返し伝えていても相手にされないという事例では、内容証明を用いると真剣に慰謝料請求や離婚について考えているという気持ちが伝えられます。

 

そして、実際に浮気が行われていたとしても浮気相手に対し慰謝料請求をするためには、配偶者が浮気をしていると認識してから3年間という期限が定められているので、3年間を過ぎてしまうと慰謝料請求をする事ができなくなりますが、内容証明を手がけて送ると一時的に3年間の時効を中断させられるという効力もあります。

 

さらに、配偶者が浮気をしている事実を知った際には離婚や慰謝料請求を希望する気持ちを伝える事は稀有ではなく、伝える術としては口頭やメールが用いられる事例が多いですが、口頭やメールでは証拠が残りにくいので水掛け論に発展します。

 

そこで内容証明を使用すると浮気を理由として離婚や慰謝料請求を求めた事と、送り主と送り先が明瞭になる上郵便局による証明が行われます。

 

内容証明書

不倫と浮気の違い

テレビのワイドショーなどをみていると芸能人の不倫というネタが季節を問わず話題にあがります。

 

不倫は決して芸能人だけがする行為ではありません。

 

むしろ一般人の方が日常生活で遭遇しやすいものです。

 

不倫と近い意味で使われる言葉の中に浮気があります。

 

浮気

 

不倫と浮気の違いは端的に言うと法律で定められた不貞行為にあたるかあたらないかです。

 

不倫は既婚者が自分の配偶者以外と肉体関係を持ったケース、浮気は恋人関係にある異性以外と広い意味での交際を行うケースです。

 

ここで重要なのが前述のケースはしっかりと民法で定められた不貞行為に該当し、裁判などで論拠となります。

 

逆に浮気の場合は、法律上は問題なしとされることも多くなります。

 

不倫を経験した夫婦はかなりの高確率で離婚へと道を進めます。

 

その時に民法で定められた不貞行為と認定されれば、慰謝料などの支払い義務が生まれますので多大な損害に発展することも少なくありません。

 

これは相手にも同じことが言えます。

 

例えば相手が独身の場合、慰謝料は相手の配偶者のみへの支払いにとどまりますが、既婚者の場合には自分の配偶者へも支払い義務が発生するケースが多く、その額は一般人には無理なこともあり得ます。

 

ストーカー行為

 

恋愛感情を持つこと自体は問題ないことですが、それが異常な形で相手に向けられてしまうとトラブルの原因となります。

 

そのような形で過度な付きまとい好意や危害が加わるということになると、ストーカー行為として問題となってくるのです。

 

実際にストーカー行為を原因とした事件なども起こっていて、その中でストーカー規制法が作られました。

 

つきまとい等があった場合に、それを禁止し、また懲役や罰金などを科すことが出来るようになっています。

 

ストーカー行為

 

被害者の生活に大きな影響を与え、場合によっては命を失う恐れなどもあるので、早期の段階から気づいて相談や対処をしていくことが必要となるでしょう。

 

問題が生じそうな場合には記録を残しておくなど、後からどのような状況かわかるようにしておくと相談などがしやすくなります。

 

つきまとい等ということに当てはまるかどうかという事は判断しにくいことも多いものです。

 

ストーカー行為には恋愛感情によるものだけではなく、他の原因で起こることもあります。

 

そのようなときに判断がしにくいですし、ためらっているうちに問題が大きくなることもあります。

 

逆に問題が無いものでも、被害を受けたと思った側の考えによってはストーカー行為に見えることもある物です。

 

一人で悩むのではなく、周りに相談してみることや伝えておくことなどが必要になります。こうしたことを意識して、ストーカー行為から自分や身近な人の生活を守っていくようにしたいものです。

酔った勢いでホテルに行っても浮気?

酔った勢いでホテルに行った場合には、基本的には浮気と考えて良いものです。

 

このような経験をした場合に相手を許してしまうと、相手はその範疇であれば許してもらえると言う気持ちになり何度も同じことを繰り返すことになってしまうケースが多いのです。

 

そもそも、酔って他の女性とホテルに行く時点で既に大きな問題があると考えられます。

 

浮気

 

結果的には酔って自分自身で判断ができなくなり、連れていかれたと言うことになるのですが、それ以前に他の女性がいる場所に行ってお酒を飲むと言うこと自体が非常に危険な行為であり、また問題のある行為であると考えられます。

 

実際にその場所に女性がおらず、酔って正体を無くした状態でホテルに連れて行かれ、その場所に女性が来たと言う場合であっても、そのような隙を見せた本人に大きな責任があると考えることもできるのです。

 

結婚している場合には妻がいると言う自分自身の責任や立場を忘れて、そのような状況に陥ってしまうようなきっかけを自ら作り出していると言う事ですから、その時点で既に浮気と言われても仕方のない状況が作り出されていると言うことを十分に認識することが必要です。

 

そのような状態となったのは様々な理由があるにせよ、この状態は浮気と捉えられても仕方がありません。

 

財産分与

婚姻している期間内に夫婦で共同し得た財産は、婚姻関係の解消に合わせて精算しなければいけません、このことを財産分与といいます。

 

財産分与は不貞行為などの離婚の原因を作ったことに対する相手への償いとしての慰謝料とは違った本質をもっていますので、離婚の原因を作った側であるとしても請求することは可能です。

 

このような財産分与の割合は、夫婦それぞれの資産の状況や婚姻関係を継続した期間、共有の資産を構築する上での貢献の大きさなどによって異なっているため、一言でいくらと額面を示すことは不可能で、どちらにしても個別のケースに沿うように話し合いなどによって確定します。

 

もっとも夫婦そうは言ってもいずれか一方の側だけが会社で働いていて、一方は専業主婦ということも少なくありません。

 

たとえ共稼ぎであるとしても給与の格差が大きい場合も結構あります。

 

そこで財産分与においては、かならずしも夫婦それぞれに半分ずつの財産が分配されるという意味ではなく、所得が多いほうの側から少ない方の側に少し多く支払いをする場合もみられます。

 

また慰謝料とは別物とはいいながら、離婚原因を作り出した側が慰謝料余程の部分を加算するような場合もあります。

親権

親権という言葉がよくニュースやテレビドラマで出てきますが、これはどんな権利なのでしょうか。

 

これは、未成年者の子供を保護、監護し、養育をつつがなく行なったり財産を管理することなどを通してその子供の代理人として法律上の行為を遂行する権利及び義務のことを言います。

 

もちろん自分の子供に対して両親が持っている権利及び義務ということになります。通常、父と母お互いが共同で持っている権利ということになります。

 

しかし、もし両親が離婚してしまった場合、共同で権利を遂行することはできませんので、父か母、どちらか一方を親権者として認定する必要が生じます。

 

離婚を双方の相談で行なう場合は、この親権についても当事者間で話し合うことになりますが、もし離婚を裁判所での調停で実施する場合、親権は裁判所側でどちらか一方に認定する形になります。

 

ここでよくトラブルになるのが、父方と母方双方が双方とも親権を主張して譲らないケースです。

 

親権をどちらかに定めることが離婚を遂行する条件の一つになっているので、離婚自体が成立しなくなるケースも多いです。

 

そのため、多くの場合では裁判所が仲裁に入り双方の意見主張を勘案しながら親権の付与を決定することになります。

養育費

一般的に養育費とは子どもためのお金で、経済的に自立していない子どもが自立できるまでの費用とされていますが、具体的には生活をしていくうえでの経費や教育費、医療費などです。

 

離婚の場合に子どもがいるときにはこの養育費を請求することができますが、とにかく一刻も早く別れたいということで、養育費はいらないとしてしまうこともありますが、その後気持ちが変わって請求する場合には、スムーズにいかないことも多いようです。

 

ですので、まずは離婚時などにおいては、子どものことを第一に考えてきちんと養育費を取り決めておくことが重要です。

 

一度決めた養育費は状況によっては金額を変えることもできますが、親の生活能力がなくても養育費を支払う義務はなくなりませんし、最悪自己破産となっても負担義務そのものは残ります。

 

民法改正などによってもその支払い義務においては明文化されています。

 

養育費の金額においては収入や子どもの人数などによって話し合いできちんと決めることが望ましいです。

 

もしこじれるようなことになり、双方納得いく結論が得られないような場合には、専門家を交えて取り決めていくほうがよいでしょう。

 

かならず書面で明記し、親の責務としてきちんと支払っていくことが求められます。

町田・相模原で人気の探偵事務所

町田市、相模原市で人気の探偵事務所を1つ紹介します。

 

ランキング

アビリティオフィス町田
調査料金も安く地元で馴染みの深い探偵事務所です。
警視庁での25年の経験と実績を調査に活かし結果に執着するプロ集団です。
町田・相模原エリアで調査を18年以上行っている老舗の会社。
依頼者からの紹介も多く、電話でも最適なアドバイスをしてくれます。
調査員も40歳〜50歳のベテランばかり。調査手段も熟知しています。

 

会社 アビリティオフィス町田
住所 神奈川県相模原市南区上鶴間本町2−38−16−207
電話 0120−89−1237
注意 ★非通知・公衆電話 不可
公式サイト 公式サイト
探偵業届出証明書番号 第45070053
最寄り駅

小田急線・横浜線(町田駅より徒歩8分)
小田急線(相模大野駅より徒歩7分)

 

電話

個人情報保護法

2005年の4月1日から個人情報保護法は全面施行されるようになりました。

 

個人情報保護法とは、個人情報を取り扱う事業者に対して、個人情報の取り扱いの方法を定めた法律です。

 

個人情報の有効活用と個人情報の保護が目的にされていて、適切に個人情報を取り扱うようにしてね、というのが個人情報保護法になります。

 

個人情報というのは、名前や住所、生年月日や電話番号など本人を特定できる情報になります。

 

その他にも、本人を識別できる防犯カメラに記録された情報とか音声、また名刺情報やメールアドレスや氏名を特定できる情報のことを言います。

 

つまり、日常の業務で行っている手書きのメモ帳などに名前とか電話番号を記載している情報や、名刺交換をした名刺なども全て個人情報ということになります。

 

いくら、自分は個人相手の商売をしていないから関係ないと思っていてもそうではないということです。

 

個人の情報は目の前に多くありますし、それらの取り扱いを適切にするための法律が個人情報保護法です。

 

個人情報保護法に違反をした場合には、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金と罰則規定も定められています。

 

事業者はこれらの情報をしっかりと守る対策をする必要があります。

盗聴は犯罪?

盗聴といえばそれ自体が犯罪なのではと考えてしまうかもしれませんが、実は盗聴という行為自体は犯罪行為にはあたりません。

 

その為例えば自分の家や自分の持ち物に盗聴器を仕掛けたとしても、それ等の行為が特に何かの犯罪にあたるという事はありません。

 

また盗聴器を販売したり購入したりする行為も罪に問われる事はないため、盗聴器を持っていたからといってそれだけで逮捕されるという事もないです。

 

一方で盗聴自体は犯罪にあたらなくてもそれを行う過程で罪に問われてしまう事もあり、例えば人の家に侵入して仕掛けるのは住居侵入罪が成立する為、罪に問われてしまいます。

 

また相手の家に侵入した上仕掛ける為に何らかの物を破損させてそこに仕掛けた場合には、住居侵入罪に加えて器物損壊罪にあたります。

 

更に入手したデータを他人に売ってしまうと個人情報保護法違反で摘発される可能性がある上、また金銭のやり取りがなくても第三者に入手した内容を話すだけでもプライバシーの侵害として罪に問われる事はあります。

 

このように盗聴自体は犯罪ではありませんが、それらを行う上での過程や入手したデータの扱いによっては犯罪になってしまう事はあるという事になります。

相模大野駅周辺と町田駅周辺の弁護士事務所

相模大野駅周辺と町田駅周辺の弁護士事務所です。

 

相模原市南区

 

法律事務所ろはす
神奈川県相模原市南区相模大野2丁目22-13
042-705-2265
http://lo-lohas.com/

 

弁護士法人港国際法律事務所 相模原事務所
神奈川県相模原市南区 相模大野5丁目29-11 安藤ビル3FB
0120-370-596
http://minatokokusai.jp/office/sagamihara/

 

サガミ総合法律事務所
神奈川県相模原市南区相模大野3丁目16-7
042-765-3573
https://www.sagami-law-office.com/

 

今西法律事務所
神奈川県相模原市南区相模大野8丁目4-2
042-705-9781
http://www.imanishi-lawoffice.jp/

 

町田市相模原市の弁護士 町田駅前法律事務所
神奈川県相模原市南区上鶴間本町3丁目18-27 グローリア初穂町田1103
042-705-7666
http://machidaekimae.com/

 

谷口綜合法律事務所(弁護士法人)
神奈川県相模原市南区相模大野7丁目8-10 大塚ビル 4F
042-747-0006
http://www.tlo-sagami.jp/

 

ひばり法律事務所
神奈川県相模原市南区相模大野6丁目7-9
042-767-2311
http://hibari-law.jp/

 

細貝総合法律事務所
神奈川県相模原市南区相模大野3丁目25-6 野村ビル5階
042-705-4370
http://hosogai-law.com/

 

相模原南法律事務所
神奈川県相模原市南区相模大野3丁目14-16
042-745-2051
https://www.sagamihara-minami-law.com/

 

夏目法律事務所
神奈川県相模原市南区 相模大野3-10-1ライオンズマンション相模大野901
042-767-2592
http://natsume-law.com/

 

弁護士法人前島綜合法律事務所 相模大野事務所
神奈川県相模原市南区相模大野4丁目5-5 ロビーファイブ2階D棟204
042-749-1138
http://www.law-maeken.jp/

 

井上雅彦法律事務所
神奈川県相模原市南区相模大野3丁目14-9
042-701-1871
http://www.inouelaw.com/profile/

 

ゆう法律事務所
神奈川県相模原市南区相模大野3丁目3-1
042-705-1588
http://www.yu-lawoffice.com/

 

古淵法律事務所
神奈川県相模原市南区 古淵2丁目16-9 リバーストーン古淵505
042-707-8768
http://www.kobuchi-law.jp/

 

 

相模原市中央区

 

大谷豊法律事務所
神奈川県相模原市中央区中央2丁目12-15 相模中央ビル 3F
042-750-0858
http://www.nayamikaishou.jp/

 

相模原法律事務所(弁護士法人)裁判所前主事務所
神奈川県相模原市中央区富士見6丁目6-1
042-756-0971
http://slaw.a.la9.jp/

 

相模原中央総合法律事務所
神奈川県相模原市中央区相模原2丁目1-5 サトウビル4階・5階
042-704-6577
http://www.scs-lo.com/

 

弁護士法人吉村法律事務所
神奈川県相模原市中央区相模原6丁目22-9
042-851-3387
***

 

石橋法律事務所
神奈川県相模原市中央区相模原2丁目13-7 第2JSビル 2F
042-769-1414
https://ishibashilawoffice.com/

 

遠藤秀幸法律事務所
神奈川県相模原市中央区富士見6丁目15-1 ラフォンタナ 1F
042-750-2566
http://www.endo-lawoffice.com/

 

多湖総合法律事務所
神奈川県相模原市中央区矢部4丁目17-8 相模中央マンション2F
042-711-7142
https://www.tako-law.com/

 

まちだ・さがみ総合法律事務所(弁護士法人)相模原支所
神奈川県相模原市中央区相模原3丁目8-26
042-730-5005
http://www.machisaga-lo.jp/

 

虎ノ門法律経済事務所 相模原支店
神奈川県相模原市中央区 相模原4−3−17 相模原TOBビル6階
042-707-4210
http://sagamihara.t-leo.com/

 

県相模法律事務所
神奈川県相模原市中央区千代田1丁目6-9 共立千代田ビル 2F
042-776-5300
http://kensagami-law.com/

 

橋本総合法律事務所
神奈川県相模原市中央区相模原1丁目2-17-7F クリスタル相模原
042-768-8351
http://www.hashimoto-sougou.jp/

 

齋藤・水谷法律事務所
神奈川県相模原市中央区富士見5丁目2-12 サンロードビル 2F
042-754-8672
http://saitou-mizutani-law.blogdehp.ne.jp/

 

村上法律事務所
神奈川県相模原市中央区中央3丁目14-12 山久第一ビル7階b号室
042-754-8213
http://www17.plala.or.jp/murakami85/

 

相模原法律事務所(弁護士法人) 橋本駅前弁護士事務所
神奈川県相模原市緑区橋本3丁目19-17
042-703-6333
http://hashimoto-sagamilaw.com/

 

古淵法律事務所
神奈川県相模原市南区 古淵2丁目16-9 リバーストーン古淵505
042-707-8768
http://www.kobuchi-law.jp/

 

相模原市緑区

 

高瀬総合法律事務所
神奈川県相模原市緑区橋本6-5-10 中屋第2ビル2-E
042-770-8611
http://takase-law.com/

 

相模原法律事務所(弁護士法人) 橋本駅前弁護士事務所
神奈川県相模原市緑区橋本3丁目19-17
042-703-6333
http://hashimoto-sagamilaw.com/

 

あじさい法律事務所
神奈川県相模原市緑区橋本7丁目11-19
042-703-0117
http://ajisailaw.life.coocan.jp/

 

岩城法律事務所
神奈川県相模原市緑区橋本6丁目5-10 中屋第2ビル 5F
042-703-9583
http://www.iwaki-law.jp/

 

けやき・綜合法律事務所
神奈川県相模原市緑区橋本2丁目3-6
042-703-0365
http://www.keyakilaw.com/

 

田中孝佳法律事務所
神奈川県相模原市緑区 橋本6丁目30-15 ハイメゾン橋本六 202
042-703-8684
https://www.t-tanaka-law.com/

 

大貫小竹国際特許事務所(特許業務法人)
神奈川県相模原市緑区西橋本5丁目4-21
042-770-9273
http://www.ohnukikotake-ipo.com/

 

だいなか国際特許事務所
神奈川県相模原市緑区橋本2丁目3-22 ドラゴンマンション橋本九番館 5F
042-771-0229
***

 

田中勝法律事務所
東京都町田市中町1丁目3-1
042-729-1521

 

町田神永・法律事務所
東京都町田市森野1丁目35-7
042-860-6051

 

泉総合法律事務所
東京都町田市原町田6丁目18-13
042-728-6233

 

横山法律事務所
東京都町田市中町1丁目1-3
042-728-1729

 

町田総合法律事務所
東京都町田市森野1丁目34-13
042-732-3167

 

草薙一郎法律事務所
東京都町田市原町田4丁目16-21
042-720-5911

 

守屋綜合法律事務所
東京都町田市中町1丁目5-3
042-785-5536

 

中央町田法律事務所
東京都町田市森野1丁目39-16
042-785-4470

 

未来市民法律事務所
東京都町田市中町1丁目3-17
042-724-5321